今夜新宿で、彼女は、 (2017)

30min  

監督   山田佳奈

出演

広山 詞葉

日下 守喜

上田 祐揮

石橋 穂乃香

Kいち

ブンシリ

吉村 京太

岩佐 圭二

近藤 洋扶

滑川 喬樹

鈴木 理学

石田 剛太(ヨーロッパ企画

石井 康太(やるせなす)

今夜新宿で、彼女は、元彼氏に電話をかける。応答がない彼にしびれを切らせた彼女は、家に押し掛ける。しかし当然家の鍵は変えられてしまっていて、ならばどうにか入るまでだ、と彼女は塀を乗り越えて窓から侵入する。ところが元彼氏の家には既に新しい女がいて、友人は「自業自得よ」とあきれ顔。絶叫にも似た声で泣き叫び、彼女は家を飛び出していく。そしてその向かう先はー。ほんと生きていくのってしんどい。でも歩いて行かなくちゃ、そんな無敵女子におくる人間賛歌

 

【監督:山田 佳奈】

1985年4月6日生まれ。神奈川県出身。元レコード会社のプロモーターを経て、2010年3月□字ックを旗揚げ。以降全ての脚本演出を手掛けている。

2020年 自身初の長編デビュー「タイトル、拒絶」が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出、更に東京ジェムストーン賞を受賞。

近年の主な作品に、Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」脚本、朝日放送テレビ ドラマ+「ハレ婚。」全話脚本・監督、MIRRORLIAR FILMS Season2参加作品「煌々 go on a picnic」監督・脚本。初小説「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」を双葉社より出版し、月刊モーニングツーにて□字ック舞台作品を漫画化した「都合のいい果て」が連載中。

渋谷TANPEN 映画祭2017 ブロンズバーガー賞

渋谷TANPEN 映画祭2017最優秀主演女優賞(広山詞葉)

山形国際ムービーフェスティバル2017 大西金属賞

山形国際ムービーフェスティバル2017 船越英一郎賞/最優秀俳優賞(広山詞葉)

Seisho Cinema Fes 2018 短編部門 グランプリ

Seisho Cinema Fes 2018 短編部門ベストアクトレス賞(広山詞葉)

中之島映画祭2018優秀賞

​Short Shorts Film Festival 

    

HP http://tonightshinjuki.wix.com/tonightshinjuku  

監督HP http://www.roji649.com/profile/yamadakana

監督SNS https://twitter.com/yamada_k26