RIGHT PLACE (2005)

5min  

監督    関根光才

出演

osamu tsuji

tsuyoshi ohishi

megumi komatsu

risa mizutani

kouji yashiro

shintaro asanuma

tatsuya hashimoto

takayuki kobayashi

atsuko igari

5A623DE7-12C2-4DE7-B4D0-E89C57724033.jpeg

【監督:関根 光才】

映像作家・映画監督。クロスカルチュラルなストリーテリングと思索的なビジュアルスタイルで、長編映画や短編映画、CM、ミュージックビデオ、アートインスタレーション作品など多岐に渡るジャンルの映像作品を監督・制作している。

造形アーティストの両親のもと、東京で生まれる。上智大学哲学科在籍時、アメリカでの短い留学中に写真に興味を持ち、映像制作を志す。卒業後、2000年から広告映像制作会社にプロダクションアシスタントとして勤務。

2005年に初監督の短編映画『RIGHT PLACE』を発表し、ニューヨーク短編映画祭の最優秀外国映画賞などを受賞。翌年、英レインダンス映画祭のために監督したトレイラー作品と共に、カンヌ広告祭のヤング・ディレクターズ・アワードにてグランプリを含め3部門で最高賞を受賞し、英誌SHOTSの発表する新人監督ランキング世界1位となる。

2008年に独立後、国内外で多くの短編映画、CM、ミュージックビデオを監督し国際的な認知度を高めると、世界数都市に拠点を持つ映像制作会社Stinkに参加。2014年に手掛けたHONDA『Ayrton Senna 1989』はカンヌ広告祭チタニウム部門グランプリなど、同年度世界で最も多くの賞を受賞した広告映像作品となった。

2018年、初めて長編劇場映画の監督・脚本を担った『生きてるだけで、愛。』(原作:本谷有希子)が公開。過眠症の女性が経験する葛藤を描いた本作では、新人映画監督に贈られる新藤兼人賞・銀賞、フランス、キノタヨ映画祭・審査員賞などを受賞。同年、大阪万博から始まり現代社会の構造問題を問う長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔』も公開された。

現在は長編映画を含めた様々な映像の演出を手がけながら、社会的アート制作集団「NOddIN(ノディン)」でも創作を続けており、原発問題や反戦、難民問題などをテーマにした作品を公開している。映像制作会社NION(ナイオン)共同設立者。

 

 

ヤング・ディレクターズ・アワード 最優秀ショートフィルム賞 

アドフェスト New Directors "Remarkable 5" 日本代表作品

ニューヨークフェスティバル Film and Video部門 ゴールド

ニューヨーク短編映画祭 最優秀外国映画賞レインダンス映画祭 Diesel 最優秀映画賞

レスフェストワールドツアー選定作品

onedotzero10 ワールドツアー選定作品

パームスプリング国際短編映画祭 公式出品作品

エジンバラ映画祭 公式出品作品

ロスアンゼルス国際短編映画祭 公式出品作品

監督HP https://www.kosai.info/

監督twitter https://twitter.com/kosaisekine

監督Instagram https://instagram.com/kosai_sekine?igs